改めて知りたいアイシャドウの色・質感

アイシャドウの質感や使いやすい色味を調べました。

アイシャドウには大きく分けてマット・ツヤ・パールがあり特徴は三者三様です。

手っ取り早く華やかに見せたいときは大ぶりのラメ・パールの物を使うと良いでしょう。

質感として健康的に見えるのはラメやパールが使われているものです。

ラメやパールは大きさが大きいほど華やかさが顕著になり、控えめであればあるほどオフィスなどのメイクにも適しています。

また、個人差によりラメの方が得意だったりパールの方が得意だというように分かれているようです。大き目は駄目だけど小さめは大丈夫といった人、その反対の人もいます。

反対に、肌なじみ重視のアイシャドウであればマットなものが挙げられます。

マットでピンクベージュやベージュ、淡いブラウンなどは目元に馴染みやすくナチュラルな印象を与えます。

反対に、マットにもラメ・パールが得意・不得意があるように個人差があります。

素肌にツヤが出ていたらツヤがあるものが馴染み、そうでなければマットなものが馴染むそうです。

まぶたのくすみがや白目の濁りが気になる場合は淡いベージュや白や淡い紫、淡いピンク色などもおすすめです。柔らかい色や彩度の高い色でまぶたのくすみと白目の濁りを緩和させることが可能です。