アトピーの原因は風呂にあるかも

アトピーは辛いですよね。
傷だらけの肌やガサガサの肌が目に入る度に落ち込んでしまうこともあるでしょう。
知人にもアトピー持ちの子がいるので、気持ちはよくわかります。
夏でも長袖を着て傷だらけの患部を隠します。
外に出たり人に会うのが嫌になったりもするそうです。
病院に行ってもステロイドをもらうだけで、特に有効な手段は示されず…
しかし、アトピーに対して、一つ有効な手段を発見。
それは、風呂にビタミンCを入れて塩素を中和することです。
シャワーを浴びる、風呂に入る度に体が痒くなるのを感じていたそうです。
そこで、風呂に入ると痒くなる原因を調べてみると、「アレルギー体質の人は塩素に注意した方がいい」とのことでした。
試しにアマゾンで購入したビタミンCを湯船に入れてみると、痒みが激減したそうです。
湯船に浸かる度に全身を掻きむしっていたのが、ちょっと痒くなる程度にまで治ったのです。
そのおかげで、年中問わずガサガサの傷だらけだった体が綺麗になっていきました。
まだ完璧に治ったわけでも綺麗になったわけでもありませんが、ひどいときと比べると圧倒的に症状が改善しています。
アトピーだけではなく肌荒れに困っている方も、風呂にビタミンCを試してみてはいかがでしょうか。ち
なみに一般的なサイズの湯船に入れるビタミンCは1gほどで構いません。