夏野菜やフルーツの健康効果

夏が旬であるフルーツや野菜には、さまざまな効果を期待することができます。

トマトに含まれる赤色色素のリコピンには、活性酸素を体内で抑制する働きがあることが分かっています。そのため、ガン・脳卒中・心臓病などの予防にも効果があるといわれています。緑色のトマトは熱を加えることによってリコピンが増えます。

ビタミンAとビタミンCの含有量も比較的多く、特にビタミンCと、特有の酸味は疲れを回復させるだけではなく胸のむかつきをとってくれるので、二日酔いの解消などにも役立ちます。キャベツやみかん、柿とミックスジュースにすると特に有効です。

ビタミンCはコラーゲンを作り、血管を強くするほか、身体を潤したり冷やしてくれる効果が期待できます。

すいかは水分が大部分を占めており、夏の脱水予防や日射病の予防に効果的です。夏にスポーツをする人や、暑さに弱い人には特におすすめできます。ただし、冷え性や下痢をする人は食べ過ぎないようにしましょう。すいかは特に利尿効果が高く、腎臓病や膀胱炎などの治療にすいか糖が使われてきたほか、心臓病や高血圧によるむくみをとるのにも有効です。

すいかと組み合わせると効果的な食材として、すいかのカリウムとトマトのビタミンCや有機酸によって二日酔い改善や、緑黄色野菜と混ぜてジュースにすることで活性酸素の害を抑えてくれます。

なお、すいかの種はコレステロールを抑えるリノール酸などが豊富ですので、乾燥させて炒ったり、煎じたりして取り入れると、動脈硬化の予防などにも効果的です。